創業1946年、身体を支えるポール作り一筋専門メーカー・シナノの杖

よくある質問

※各項目のタイトルをクリックすると表示されます。
※メールでのお問い合わせはこちらのフォームよりお送りください。 

 

杖の選び方

身長や体重によって杖のサイズは変わるのですか?

長さ調節機能がついていますので、基本的には同じ杖をお使いいただけます。商品によってはサイズのご用意もあります。

なお、体重によって杖のサイズを変える必要はございません。

あんしん二本杖と、もっと安心二本杖の違いは何ですか?

「あんしん二本杖」 は、標準の先ゴム(PP-10-14 直径14mm)がついています。

「もっと安心二本杖」には、 滑りにくい安全先ゴム(PP-18 直径16mm) がついています。

その他は、長さ調節方式、握り手ともすべて同じです。

ただ、それぞれの先ゴムの互換性はありません。(あんしん二本杖には、 滑りにくい先ゴムはつけられません。)ご注意下さい。

購入に際して

会員でないと購入できませんか?

会員にならなくてもご購入いただけます。会員登録されますと、次回以降、購入の際にご住所などの入力を省略できます。

支払方法は選べますか?

お支払い方法は、以下の3つからお選びいただけます。

  • 銀行振込
  • 代金引換
  • クレジットカード(PayPalでの決済になります)

プレゼントとして自分以外の方の住所に発送できますか?

ご自宅以外への配送も可能ですので、ご購入の際に、送り先の住所をご入力ください。
なおプレゼント用包装(のしなども含みます)は現在のところ対応しておりませんので、ご了承ください。

商品は購入からどれくらいで届きますか?

在庫がある場合は、ご注文から通常1日程度で発送をいたしますので、その翌日にはお客様にお届けできます。
※遠隔地や離島へはさらに1~2日かかります。

商品によっては、在庫切れの場合があります。到着日を気にされる場合は、お問い合わせフォーム、もしくはお電話にてご確認ください。
電話: シナノお客様相談室0267-67-3324(月~金曜日 8時~17時)

配送日時は指定できますか?

配送日の指定はできませんが、時指定をすることは可能です。ご注文を頂いた後、配達予定日のメールを返信いたしますので、ご確認ください。ご不在時には宅配業者の不在票が入りますので、お手数ですが宅配業者へご連絡ください。

注文のキャンセルはできますか?

商品到着後7日後まではキャンセルいただくことが可能です。
ただし商品が未使用の場合に限らせていただきます。

また返品の際の送料はお客様ご自身の負担となりますので、予めご了承ください。

返品された商品の到着を確認後、返金いたします(支払方法によって返金手続きが変わりますので、詳細は個別にお知らせします)。

購入後について

杖が壊れてしまった場合、修理してもらえますか?

破損の程度にもよりますが修理を承っております。お客様相談室までご相談ください。
また修理は、シナノ製の杖に限らせていただきますのでご了承下さい。
シナノお客様相談室
0267-67-3324(月~金曜日 8時~17時)

杖の部品を交換することはできますか?

承っております。経年変化によって、劣化してしまう部品もございます。お気軽にお客様相談室までご連絡ください。
シナノお客様相談室
0267-67-3324(月~金曜日 8時~17時)

ステッキの効用

各部位負担軽減

杖は痛む下肢の関節の負担を軽減し、歩行を安定化したり、痛みの為に不均等な足の運びを正しくするため姿勢もよくする。

また、足が悪いという自覚が出て無茶をしなくなるという精神的効果もある。

筋力の維持

歩行がやや困難である場合、歩行能力を維持する為にできるだけ本人の歩行でできる環境を整備することが重要となる。
室内はバリアフリー化したり、移動に杖または歩行器を使用することで安全性を確保できる。
世界的にも寝たきりの要因となる転倒の防止のため、筋肉の強化、歩行に不安を感じたら早めに杖を持つ事も1つのテーマになっている。

歩行補助具(車椅子やシルバーカー)の中でも杖はどこでも使える利便性がある。

ステッキのつき方

動作方法(動画)

痛みのある足にかかる荷重を少しでも軽減するには、正しい杖のつき方が必要です。
利き手で持ちやすいからと、右足が悪いにもかかわらず、右手に持ったりするケースが大変多いようです。
正しい杖のつき方をマスターして、快適なステッキ生活を楽しみましょう!

ステッキの歴史

ステッキの歴史

杖は人間が作った最初の道具の一つといわれている。
エジプトのピラミッドのそばで墓守をしているスフィンクスは旅人になぞをかけ、答えられないと食べてしまうという。
「はじめ4本足、次に2本足、最後に3本足になるものはなにか?」答えは『人間』3本足とは杖の事だ。
ギリシャ神話にあるアスクレピオスという医師は、どんな病気でも治してしまう。アスクレピオスは医学・治療の神で常に杖を持ち、その杖には1匹の蛇が絡まっていた。
蛇は脱皮しヌケガラを残すことから、若返り・蘇生・復活を示し、神秘・崇拝・守護の象徴として崇められていた。現在も、蛇杖が世界医師会や日本医師会のシンボルマークとなっている。

 

 

 

杖は、古くは王様や部族の首長や祈とう師などの権威の象徴として用いられてきた。
ヨーロッパでは17世紀から20世紀初めまで、ヨーロッパのステッキはモダンな装飾品として使われ、社交場のファッションの一つでもあり、実用よりむしろ重要なアクセサリーだった。
きちんとした人はステッキ(現在は製造中止となっているが主流は刀を仕込んだ仕込杖)を持っていたという。
第一次世界大戦の頃ステッキの需要は増えた。
日本でもこの頃の写真を見るとステッキをついている財界人や政治家が多数いたようだ。

 

 

 

杖は古墳から出土することがあり、日本でも古代から王の権威のシンボルとして使用されていたらしい。
日本の文献で杖が初めて登場するのは『古事記』の上巻で”御杖”と記してあり、『日本書紀』でも”杖”と記してある。いずれも”みつえ”と読み、尊敬語である。”み”とは神事に関わるものにつけられ、神聖なものを示す。
日本人が初めて洋風ステッキを持っているのが確認されたのは、おそらく文久3年(1863年)江戸幕府がフランスに派遣した遣欧使節団のパリでの記念写真であろう。
明治17年頃には日本でも紳士のアクセサリーとして流行。大正末から昭和初期まで若者も得意になってステッキを持ち歩くステッキ全盛期を迎えた。
現在、ステッキがアクセサリーとして多く用いられている国は欧米諸国。日本は歩行補助用が主なため、杖の使用率では後進国といえる。

 

 

 

 

こうしてみると何千年も前から杖が使われていた事がわかる。
百科事典によると「杖・・・歩行のための補助道具。普通は木や竹でつくった細長い棒で老人をはじめ、身体障害者、旅行者、登山者、行商人などの長い歩行や重い荷物の運搬に用いられる。」とある。
杖は古くは神の依り代としての性格を持っていたという。
やがて神の持ち物とされ、下っては権力者の権威の象徴や護身用としても利用されるようになった。
老人の歩行補助として、権力のシンボルとして、古代の罪を犯したものを打つ処刑具として使用された杖は、その後ファッションとしてお洒落な若者に愛用された。

 

 

杖に関する伝承として弘法大師など高僧の英雄が立てた杖が成長して大樹になるという杖たて伝説は杖銀杏、杖梅、杖竹、杖杉など全国いたるところにあるという。

 

このような歴史をたどり、現在ではいろいろなエレガントな杖が健康用として使われている。

いろいろな杖の種類

一本杖

T字型

折たたみが可能な折たたみ式、シャフトが上下に分かれている調節式、一本式などがあります。

 

T字型杖のフィッシャー型

足、腰の状態が弱ってきたお年寄りや、脳の障害などで、手や指の力が弱ってきた方に適した杖です。
グリップは手の平全体で体重を支えやすく、手になじみやすい形になっています。

 

ステッキ型

足の関節が痛い方や、体力が落ちてきたお年寄りが主に使われる杖です。

 

C字型杖

足、腰の状態が弱ってきたお年寄りや、脳の障害などで、立っている姿勢がつらく、不安定な方に適している杖です。
握る部分の真下に重心がくるので体重をかけやすくなっています。

多脚型杖(多点杖)

一本杖に比べ安全性に優れるが重くなる。手を離しても立たせることが可能。
敷居や段差のないフラットな場所で使用する。
脳の障害などで、片マヒの方が多く使う。
杖の先の脚が、3~5本に分かれていて、安定している。
立つ姿勢の弱い方や、脳卒中のリハビリに多く使われる。
腕の力が弱くても杖の重さが比較的軽いので使いやすく、高齢者の変形性股関節症、関節リウマチなどにも使われる。

前腕固定型杖(ロフストランド型クラッチ)

グリップだけでは支える力が弱い場合、前腕部でも支えるため安定する。
主に握力が弱く、一本杖をつく力が不十分で不安定な人が使用する。
階段など杖に多くの力と安全性が要求される場面には適していない。
前腕を支持する部分には種々の形があるが、ついた時に最も力が入る形を選ぶ。
杖の上の部分に前腕カフスが付いていて、腕を通して固定する。
握力が十分になくても、腕の力も使えるので松葉杖と同じように使える。
骨折・捻挫・股関節症・切断・片マヒの歩くための補助に向いている。

松葉杖

普通は2本一組で使い、松葉型をした2本の支柱の上部に脇当て、途中に握りがある。
最も重い荷重に耐えられる杖で、ロフトランドクラッチより安定性がある。
下半身麻痺、骨折、捻挫、股関節症、下肢切断などの障害のある人向き。

グリップ・シャフトの素材

グリップの素材

木材

  • 黒檀(こくたん)
    紫檀とともに唐木の代表格。とても重厚。
  •  楓(カエデ=メープル)
    一般的に広く使用されています。
  • 欅(ケヤキ)
    独特の縦しまがあり美しく、軽くて丈夫。
  • 花梨(かりん)
    紫檀より目は荒いが赤褐色で美しい光沢があり、紫檀の代用品とされます。
  • 樫(カシ=オーク)
    一般的に広く使用されています。
  • ビーチウッド
    ブナ材で軽くて丈夫です。

     

    他に、水柳(マッシュ)・タモ・椿・桜・藤・葡萄・竹など様々な素材がございます。

 

アクリル

ガラスを凌ぐ透明度があり、加工性にも優れています。
太陽光や風雨・雪などの気象条件にも強く、割れ難く安全性に優れています。

 

発泡プラスチック

非常に柔らかく、手に掛かる圧力を吸収し、掌の痛みを軽減します。
主に木製のグリップを被覆する素材として使用します。

シャフトの素材

アルミ合金

軽くて強度があり、加工性にも優れています。

 

チタン

重さが銅の約半分、鉄の約60%という軽さです。
重さあたりではアルミニウムの約6倍、鉄の約2倍の強度です。

 

カーボン

重量が軽く、強度があります。
錆がつきません。

 

スネークウッド

ステッキの王様で希少材の最高級品。その名のとおり、蛇のウロコのような美しい模様があります。
極めて堅く重厚なため加工も大変難しい。

 

パウサンド(黒スネーク)

スネークウッドより軽く、まだら模様があります。
神の木と言われる程貴重。

 

紫檀(ローズウッド)

非常に堅く、唐木の最良品として耐久性もよい。加工が困難。

 

お問い合わせフォーム

いい杖.comへのお問い合わせはこちらのフォームから必要事項をご記入の上、送信ください。

 

お名前(必須)
フリガナ
メールアドレス(必須)
電話番号
お問い合わせ内容(必須)
 フォームの性質上、確認ページがございません。
内容をもう一度ご確認の上、チェックを入れて送信してください。